Lifestyle

【2022年最新】認知症予防のためのプラズマローゲン配合サプリメント徹底比較

認知症予防のための5つのコツ

その1. 認知症対策は、40-50代のうちから!

かつて痴呆症などと呼ばれた認知症は、高齢者特有のものだと思われがちですが、実はそんなことはありません。

厚生労働省によると、65歳未満で発症する、若年性認知症の平均発症年齢は、51歳とされています。また、全国で3.6万人にのぼる若年性認知症患者のうち、50代以下の占める割合は43%と、かなり高い数値となっています。

認知症には確立された治療法がないこともあり、いかに早い段階から予防策を講じておくかが鍵と言えます。

その2. 近年話題の成分「プラズマローゲン

認知症予防に効果的な成分として、一般的に有名なのは青魚に含まれるDHA・EPAですが、一部の研究によると、DHA・EPAだけでは不十分だと言われています。

一方、近年注目されているのが、ホタテや鶏胸肉に由来し抗酸化作用を持つ、プラズマローゲンという成分です。

日々私たちが活動したり思考をするたび、脳の神経細胞は酸化ストレスに晒されています。この際、神経細胞の身代わり(受容体)となって、細胞を守る働きをするのがプラズマローゲンなのです。

酸化が慢性化すると、脳細胞は死滅していくため、プラズマローゲンは認知症予防に必要不可欠な存在と言えるでしょう。

豆知識:鶏肉由来vsホタテ・ホヤ由来

実は…プラズマローゲンは、鶏肉由来とホタテ・ホヤ由来の2種類に分けられると言われています!それぞれの特徴を見ていきましょう。

  1. 鶏肉由来:「コリン型」のプラズマローゲンです。こちらは小腸からの吸収率が高いことが知られており、品質の安全性も高いと言われています。しかし、1tもの鶏肉から抽出出来る量がわずか数十グラムという希少性と抽出の難易度から、少しお値段が高くなりがちでもあります。
  2. ホタテ・ホヤ由来:「エタノールアミノ型」のプラズマローゲンです。こちらには、認知症対策に有効な成分であるDHA・EPAが含まれている事が確認されています。しかし、貝毒等の恐れがある上に、吸収率が悪く1割ほどしか吸収されないことが分かっています。

いかがでしょうか?やはり、自分の体内に入るものですから吸収効率の良さや安全性という観点だと、鶏肉由来のコリン型プラズマローゲンの方が良さそうですよね。是非、このページ最後のプラズマローゲンサプリ比較表では鶏肉由来かどうかチェックしてみて下さい!

その3. サプリは、配合成分と配合量の両立が重要!

認知症予防サプリを選ぶ上で、必要な成分がすべて含まれているか、またそれぞれの配合量が十分かをチェックしておくことは、非常に重要です。いくら成分の種類が多くでも配合量が少なかったり、そもそも必要な成分が欠けているのでは、元も子もないからです。

配合成分の種類と配合量を両立させる方法は、大きく分けて2つで、

オールインワンサプリを選ぶ
⑵ 特定成分のサプリを複数種併用する

のいずれかになります。

前者のオールインワンサプリは、市場に多く出回っていない一方で、後者のやり方では、多くのコストと労力を要するというデメリットがあります。

その4. 複数栄養素の同時摂取で、優れた効果

前述した通り、最近ではプラズマローゲンやノビレチンなど、DHA・EPA以外にも様々な栄養素が注目されているだけでなく、これらを同時摂取することでも、優れた予防効果が期待できることが知られています。

例えば、体内でホモシステインとよばれるアミノ酸が増加している場合、葉酸ビタミンBの同時摂取が有効であるという論文報告があります。このホモシステインは、アメリカでの研究において、アルツハイマー病の指標としての有用性が示唆されているものです。

このような同時摂取の恩恵は、必要栄養素が揃ったオールインワンサプリメントの方が受けやすいかもしれません。

その5. “自分の必要とするサプリ”を選ぼう!

これまでサプリ選びに関するコツを話してきましたが、結局一番重要なのは「売っているサプリを飲む」のではなく、「自分の必要とするサプリを飲む」ことです。

サプリメーカーが作った製品を一方的に受容するだけでは、理想の予防は実現できません。消費者である私たちの側から「この成分を入れてほしい!」「持ち歩きたいので、パッケージをもっとオシャレにしてほしい!」など、ニーズを積極的に発信していく必要があるのです。

そして、そういった消費者の声に応えてくれるメーカーの製品を選ぶことで、結果的にWin-winの関係性が生まれていくと言えるでしょう。

おすすめ認知症対策・プラズマローゲン配合サプリメント3選

ご紹介した5つのコツを踏まえた上で、「では具体的にどんなサプリがあるの?」「なんだかんだコスパが良いものが欲しい」という皆さんのために、おすすめのサプリメント3つ主要項目で比較してみました!

 1位2位3位
商品名Rimenba
(リメンバ)



プラズマローゲン 18000



プラズマローゲンBOOCS
スペシャル


総合評価4.84.13.8
プラズマローゲン
1.2mg
鶏肉由来

1.0mg
ホヤ由来

1.0mg
ホタテ由来
DHA・EPA
記載なし
ビタミン
記載なし

記載なし
初回価格
4,298円

5,184円
×
5,940円
定期縛りなしなしなし
楽天口コミ5.0
記載なし

記載なし
添加物
完全無添加

記載なし

記載なし
GMP認定工場生産
詳細情報【Rimenba 公式】脳神経内科医監修の知力健康サプリ/リメンバ (naturaltech.jp)プラズマローゲン18000/ホヤ由来のプラズマローゲン配合(https://finebase.jp)プラズマローゲンBOOCSスペシャル/認知の悩みに新アプローチ!(plasmalogenboocs.jp)

まとめ

おすすめ3サプリ比較結果

いかがだったでしょうか?

認知症予防・物忘れ対策サプリメントを比較した結果、1位はRimenba(リメンバ)でした!

Rimenba(リメンバ)は、脳神経内科専門医の監修の下、業界トップクラスの配合量を誇る鶏肉由来のコリン型プラズマローゲンをはじめ、DHA・EPAノビレチン、葉酸、ビタミンなど記憶維持に効果的な成分をオールインワン配合しています。2020年版の『令和のベストヒット賞』サプリメント部門も受賞しているみたいですね!

Rimenba 詳細を見る

【Amazonでも絶賛発売中!】
Rimenba(リメンバ)は、Amazonでも出品しているみたいです!普段Amazonを使うことが多い方は必見ですね!

Amazon購入ページはこちら!

2位のプラズマローゲン18000は、ホヤ由来のプラズマローゲン配合のサプリメントです。またココナッツや母乳等に含まれる中鎖脂肪酸やクリルオイルなど健康には欠かせない栄養素を含んでいる点が特徴です。

プラズマローゲン18000 詳細を見る

3位のプラズマローゲンBOOCSも、ホタテ由来のプラズマローゲンを配合し、長年の実績があるみたいです。こちらもRimenba(リメンバ)同様、認知症予防の専門家の監修の下、製品開発がなされています。

プラズマローゲンBOOCSスペシャル 詳細を見る